京都でもよく見かける運送業の求人について調べてみよう

京都でもよく見かける運送業の求人について調べてみよう

倉庫

運送業とは一体どんなものか

運送業とは、運賃を貰うことで旅客や貨物を運ぶ仕事のことになります。しかし、主にトラック等で荷物を運ぶ事が多いため、船や飛行機などで、旅客を運ぶ際に運送と言われることはあまりありません。

トラック

トラックなどの運送に必要な資格

運送業に欠かせないのが運転免許証です。しかし、この運転免許証は、資格によって乗れる車が決まっています。「普通自動車免許」になると、車両総重量5トン未満の小型クラスのトラックのみ運転が許可されています。「中型自動車免許」は通称4トン車と呼ばれるトラックを運転するのに必要な免許です。そしてその上に「大型自動車免許」があります。運送業に就くために必要な免許を事前に調べておきましょう。

トラック

運送業が多く求人を出している理由

運送業が多くの求人を出すのには、大きな理由があります。それは、ドライバーへの負担軽減です。トラックを利用する運送会社は多くが、24時間365日稼働しているため、ドライバーへの負担が大きくなります。そのため、京都などの運送会社では、人員確保のために、多くの求人を募集しています。

比較することで分かる運送業に大事な資格

運送業を始めるのに必要不可欠な運行管理者資格

運行管理とは、運送業務を行う上で必要な国家資格となります。運行する事業用車の安全を確保する業務と言われています。また、使用する運送業務の台数によって、運行管理者も増やしていく必要があります。

運送業の許可の申請を受けたら必要な法令試験

貨物自動車運送事業の新規許可申請を行うことで、法令試験は受けることができます。この試験は、経営者が許可基準に適しているかを判断するためのものとなります。そのため、不合格になっても再度受けることが可能ですが、許可日が遅くなっていくため、多くの受講者が1回の試験で合格を目指します。